セミナー、講師をサポート。集客、動画制作、オウンドメディア制作、スクール運営

Posts Tagged ‘セルフブランディング’

人前で話すと緊張してしまう!改善方法まとめ【セミナー講師】

by on 火曜日, 7月 4th, 2017

人前で話すと緊張してしまう!改善方法まとめ【セミナー講師】

人前で話すとなぜ緊張し声が震えるのでしょうか。

ひどい人になると、汗をかき、息苦しいと感じ、過呼吸になる人もいます。

普通に話したいだけなのに、恐怖を感じてしまう。

緊張しないようにしようとすればするだけ、さらに体が硬くなり震える。こんな状態ではとても仕事など出来ないと、困っていたりしませんか。

緊張を和らげるコツをいくつか並べてみました。

カッコ悪い自分を受け入れる

緊張する人は自分をよくみせようとしてしまいがちです。

そんなことない、普通にしようとしている、という人もいるかもしれませんが、その普通を求める時点でよく見せようとしている自分に気が付いてください。

会話は自分をよく見せるために行うわけではありません。

何か伝えたいこと、発表したいことがあるからするわけです。

伝えるべきことが主役で、自分は脇役です。

アドリブなんて必要ありません。脇役らしく、目立つことなど考えないようにしましょう。

涙が出ることもかむことも恥ずかしく思うかもしれませんが、それがあなたの精一杯です。

相手と向き合って、伝えたいことを伝えれば会話として十分です。

慣れていない

人は恐怖の対象にも、日常的に触れていれば怖くなくなります。

蜘蛛が苦手な女性でも、日常的に触れて慣れてしまえばタランチュラを笑顔で手のひらに乗せられているようになります。

あなたの恐怖の対象が人と向き合うことだったら、日常的に相手と触れていれば怖くなくなります。

しかしこの方法はいささか強制的です。

赤面症、あがり症、人前だと吐き気を感じる人は、一人でトレーニングをしてしまうとさらに症状がひどくなる可能性があります。

医師に相談の上、セミナーや講座など緊張しないレベルから訓練をはじめるのがよいでしょう。

自分が緊張していることに気づいていない

人前に立った途端、動悸が激しくなり頭が真っ白になってしまうという人がいます。

そういう人はまず、自分の様子について振り返ってください。

胸が苦しいですか、呼吸は激しいですか、指先は冷たいですか、目線はどこを向いていますか。

自分を客観的にみることができれば、だんだんと落ち着いていきます。

相手を待たせてもいいですから、自分を振り返りゆっくりと呼吸するように意識しましょう。

落ち着けたら、続いて相手と何を話したいか考えてください。

場を盛り上げたいのであれば、相手の話したいことにうなずく。何か言いたいことがあれば、わかりやすく伝える。特に話したくなければ、それとなく逃げる。どうなりたいかによって、対応を変えてください。

それでもカッコよく見せたい

緊張して足がガタガタ震える。

そんな状況にも関わらずカッコよく見せたいと思っているあなた。

もしくは大切な発表の場で失敗は許されない状況に陥っているあなた。

こちらもいくつかコツをまとめました。

1.はじめの5分と締めの5分に力を注ぐ

人間の記憶に残るのは、はじめの5分と最後の5分です。

終わりよければすべてよしという言葉の通り、終わりさえきれいであれば、なぜか中身がぐしゃぐしゃでもよかったと記憶に残りやすいです。

掴みでしっかりと注目を集め、締めで朗らかに終われるように練習しましょう。

2.話し方に気を付けよう

人間中身だ話も内容だといいつつ、やっぱり人間見た目も大切です。

話が得意な人は、ゆっくりと聞こえやすい声の話し方です。

早口で「えー」「あのー」といった声も出しません。

きちんと相手のほうへ体と視線を向けます。意識して真似をしましょう。

3.分かりやすく説明できるようになる

「何時」「誰が」「どこで」「何を」したのか。

順序だてて話せるようにしましょう。話すスピードは問題ないか。声は大きすぎないか。聞き取りやすい声か、どう話したら分かりやすいか意識してください。

4.考えが違う人にも話ができるようになる

年代・性別が違うだけでも、考えは代わってきます。

考え方が違う人や、理解できない相手を、人間は怖いと思ってしまいます。

人前であがる人は、どんな人にどのように話せばわかりやすいのか練習すると恐怖が和らぎます。

  • 自分の仕事内容
  • 昨今のニュース内容

おすすめは自分の好きな俳優や女優を相手にしている気持ちで、上記2つを話す練習をすることです。

最後に

話すことに恐怖するのは、過去の失敗の苦痛を脳が記憶しているからです。

けれどもこの苦痛を克服することは難しく時間もかかるでしょう。

うまく話せない自分を嫌にならないでください。

言ってしまえば会話は参加している人すべての責任で成り立っています。

会話が失敗してしまうことは、あなただけではなく相手にも原因があります。自分を極端に攻めるのはやめましょう。

一言の会話だけですべてを伝えることは不可能です。

1つだけ伝えられたら、それだけで大成功だと考えて下さい。

差別化戦略のメリット・デメリットをしっかり把握しよう

by on 水曜日, 6月 28th, 2017

差別化戦略のメリット・デメリットをしっかり把握しよう

差別化戦略とは、他企業よりも高い付加価値のある商品やサービスを提供することによる優位性によって、特定の市場で他企業との戦略競争で勝つための経営戦略です。

経営戦略ではかなり有効な手ですが注意点もあるので、しっかりと把握しましょう。

差別化戦略のメリット

長所は、競合企業との価格競争を避けることができるという点です。

差別化戦略ではなく価格競争を選んだ場合、コストを下げればその分の利益率が低下し、大量に販売しても利益が増えません。

また差別化戦略の場合、付加価値がついたことを分かりやすくするため「ブランディング」つまり「ブランド化」した商品やサービスを販売することになります。

付加価値によるブランドイメージは消費者に認知されやすくPRポイントとしてマーケティングに活かし営業しやすいのも利点です。

差別化戦略のデメリット

デメリットとしては、付加価値の引き上げにともない価格を上昇させる可能性が高いことです。

原材料の資源だけではなく開発費用なども考慮すると、どうしても既存品より価格が高くなり、安くするにも限界があります。

さらにこれまで利用していた消費者のニーズが満たせず、離れさせてしまうリスクもあります。

このようにどれだけの費用がかかるか、どれだけの利益が増えるかが不明慮なところも差別化戦略の弱みです。

もちろん差別化戦略が成功すれば新たな顧客の獲得に繋がります。

しかし既存品から新製品への移行に時間がかかった場合、それだけ負担が大きくなります。

切り替えがスムーズにいくかどうかが経営学的にも課題となります。

差別化戦略で成功した後も競合企業が模倣する可能性があるという問題点も忘れられません。

その場合開発費用そのものが無駄になります。

ユニクロの差別化戦略

先ほど述べたように品質と価格を両立することは難しいです。

理由は品質向上の開発費や材料費などがどうしてもかかってしまうからです。

そんな中、品質も価格も差別化できた珍しい成功例としてユニクロがあげられます。

ユニクロはヒートテックやエアスリムといった独自商品による差別化戦略によって成功していますが、それと同時に一定の品質のものを低価格で販売するというスタイルを崩していません。

価格戦略と差別化戦略を両立させる手法は見事としかいいようがありません。

通常、価格と品質どちらも満たそうとすると中途半端になってしまうことが多く、ユニクロは珍しいケースだと考えてください。

ターゲットのニーズを明確にし、価格をとるか品質をとるか、独自性をどこへ向けるかが差別化戦略の軸だといえます。

アップル社の場合

差別化戦略で成功したアップル社も20年前は経営的に問題がある会社でしたが、スティーブ・ジョブズの復帰以降、iPod・iPhone・iPadとヒット商品を連発しトップ企業に躍り出ました。

新製品が発表されるたび、独特のデザインとイメージに消費者の視線が集中しました。

アップル社の場合はイメージ戦略とプロモーション方法で成功した企業です。

確かに製品そのものは斬新でしたが、技術は既存のものを流用しています。

新しい時代の新しい通信媒体という特徴的イメージと、スティーブ・ジョブズの内容が印象的なプレゼンテーションなどのプロモーションによって爆発的に流行したといえます。

スターバックスの差別化戦略

庶民派のドトールとスタバの値段の差はおよそ1.5倍あります。

この値段の差を消費者がどのように納得しているのでしょうか。

コーヒーの専門家バリスタ。オープンテラスやソファが置いてある落ち着いた内装。

コーヒーサイズの「ショート」「トール」「グランデ」と今までと違う呼び方。

コーヒーをカスタマイズして自分好みの注文。

分析すれば一般的なカフェと違う点がこんなにも出てきます。

コーヒーの味や価格よりも提供場所に消費者はスタバの価値を見出してることが分かります。

アップル・ユニクロ・スタバをみると、それぞれ差別化戦略のポイントがブランドイメージを確立しています。

ブランド戦略のうえで、差別化戦略の重要性と有効性が分かりますね。

差別化戦略の方法

差別化戦略ではブルーオーシャンでの競争戦略展開が必須です。

これは競争の激しい血で血を洗う競争の激しい「レッド・オーシャン」から脱却し、争いのない未開拓市場である「ブルー・オーシャン」を見つけ切り開く戦略のことを指します。

差別化戦略の進め方として、初めの手順である市場分析は必須です。

差別化の種類は「垂直的差別化」と「水平的差別化」の2種類があります。

販売価格を下げる「垂直的差別化」は消費者達の商品を選ぶポイントが共通している場合、そして独自性を生み出す「水平的差別化」は消費者によって商品を選ぶポイントが別々の場合に使用します。

特定の顧客の需要を満たすニッチ戦略は「水平的差別化」に分類されます。

これらどれを選択するかは、市場の分析・ターゲットの需要把握によります。

ある意味で徹底的な市場分析が、差別化戦略のコツともいえます。

それと注意点として差別化戦略の成功が、顧客の反応が条件となることがあげられます。

いかに企業が売り出しても、消費者が認識しなければ成功とはいえません。

プラズマテレビを特化できたが消費差に認められなかったパナソニックなどが分かりやすい失敗例です。

その点も踏まえれば差別化戦略前の市場分析の必要性がかなり高いことが分かります。

最後に

どの商品の販売でもいえることですが。販売した後にようやく成功か失敗かが判断できます。

販売当初業績が振るわなかったにも関わらず、思いもよらぬことがきっかけで爆発的ヒットなどということもあります。

差別化戦略は商品が売れるまでの耐える忍耐力も必要です。

誰に何を売るのか目的を定義したら成功までじっと耐えることが差別化戦略の鍵なのかもしれません。

セミナー講師の方向けのセルフブランディング方法

by on 木曜日, 6月 1st, 2017

ビジネスにおいて、自身のブランディングは非常に大切な要素です。

自分を魅力的に見せるセルフブランディングに成功すれば、ビジネスは勝手に発展していくばかりか、自分の想像していなかったチャンスやステージをもつかむことが出来るでしょう。

 

今回は、セミナー講師の方に是非知っておいてほしいセルフブランディングのやり方についてご説明いたします。

セルフブランディングとは

まずはじめに、セルフブランディングとはどういう意味なのかをご紹介いたします。

セルフブランディングとは、既に世間に周知された人間(例えば芸能人など)ではなく、肩書の全くない人が自分のブランドを確立させ、ビジネスの成果へつなげるマーケティング手法のことです。

 

セルフブランディングという言葉が広く使われだした原因は、ソーシャルネットワークサービス(いわゆるSNS)の普及が強い影響といえるでしょう。

 

これまでは、芸能人など一部の限られた人間だけが、テレビや本というメディアを通して不特定多数の人に周知されるという現状でした。

 

しかしTwitterやfacebook、youtube、最近ではinstagramなど、数億人というユーザーに支持されるソーシャルメディアが発展したことで、個人の方が自分を表現し不特定多数の人に見られるという場が増えました。

 

セルフブランディングの成功は、多数の方に自身を売り込みファンを獲得することです。

では、どのようにセルフブランディングすれば成功できるのでしょうか?

セルフブランディングの方法

セルフブランディングに大事なポイント

セルフブランディングにおいて絶対に間違えてはいけないのは、独りよがりがブランディングをしないことです。

 

何も理解せずにブランディングしたところで、ユーザーからの反応は「痛い」「うざい」「気持ち悪い」といったマイナスイメージばかりがついてしまい、セルフブランディングは失敗してしまいます。

 

セルフブランディングを成功させるためには、まずしっかりと「自分」について徹底的に洗い出すことから始めましょう。

自分の強みを理解する

何かを売り込む・セールスするときには、必ず強みを説明するはずですね。

例えば、ダイソンの掃除機は、「吸引力が変わらないただ一つの掃除機」がセールス文句です。

 

吸引力が変わらないというのが、掃除機にとってはどういう強みであり、それを享受するユーザーにどういったメリットがあるのかを説明してあげれば、ユーザーは自然と「すごい!」「欲しい!」となるわけです。

 

セルブランディングも全く同じロジックです。

 

自身の強みをしっかり把握し、自分のセールス文句を考えてみると良いでしょう。

 

あなたはセミナー講師としてどのような強みがあり、そのセミナーを受ける人にどのようなメリットがあるのかを表現しましょう。

 

これが出来たら次のステップへ移ります。

 なりたい自分を想像する

自分の強みを理解せずになりたい自分を想像し、セルフブランディングしてしまうと、やはり失敗へとつながってしまいますので、まだ自分の強みが発見出来ていない人は、一度なりたい自分は置いておいて、肩書きや功績を全て脱ぎ捨てて、自分に何が残るのか、ゆっくり考えてみましょう。

 

さて、自分の強みが見えた方は、次に「なりたい自分」を考えてみましょう。

セルフプロデュースという概念で、なりたい自分を想像しセルフブランディングすることで、自然とセルフプロデュース出来ていきます。

 

例えば、GENKINGという芸能人は、「芸能人になりたい」「ブランド品に身を固めたい」というなりたい自分のために、借金をしてまでセルフブランディングしていたそうです。

 

そのおかげで本当に芸能人となり、借金も返済し、今や高級ブランドに身を包み、セレブな生活を満喫されておられます。

 

このように、セルフブランディングにおいて「なりたい自分」を想像しておくことは、セルフブランディングの成功=なりたい自分の実現へと繋がるためとても重要ですし、楽しい作業です。

自分に一番あったメディア媒体を選ぶ

セルフブランディングの準備が整ったら、自分にあったメディア媒体を選択しましょう。

 

テレビに出ることはなかなか敷居が高く選択できるものではありません。

 

そこで、セルフブランディングに最適なのが、SNSやYoutube、ブログなどになるのですが、それぞれの媒体にはそれぞれの特徴があります。

 

あなたが考えたあなたの強みを最大限活かせるメディア媒体を選ぶことで、パーソナルブランディングがしやすくなるでしょう。

 

先程たまたまGENKINGさんを例題にあげたので、そのままGENKINGさんの話を例にすると、GENKINGさんは「美しい顔立ち」「ファッションセンス」が自身の強みであった為に、インスタを選択し、おしゃれな写真を投稿することで話題性を作りました。

 

もちろん、facebookでセルフブランディングに成功された方も数多くいますし、twitterを選択される方もいます。

 

海外に向けたビジネスの場合は、海外で流行っているSNSを選ぶべきでしょう。

 

あなたの「自身の強み」「なりたい自分」「ビジネスの市場」を考慮し、最良のメディアを選択することが、セルフブランディング成功のコツといえます。

 

まとめ

セルフブランディングは、これから起業する方やセミナーを始める方など、集客(マーケティング)が必須となるうえでかなり効果的な手法です。

 

自身のブランディングに成功させて、ビジネスを超えてプライベートまで正の循環へと成果をつなねげていきましょう。

メールマガジンをお送りします

講演会、セミナーを行う講師のサポートを行う。 サイト制作、映像、音声コンテンツ制作、配信、販売。スクール、塾の企画、運営サポート。 顧客の申し込みから問い合わせ受付まで、講師の総合サポートを行っています。

オーガニックスタイル株式会社

〒167-0053 東京都杉並区西荻南2丁目24−7

tel:03-6913-6949 / Fax:03-6913-7166

音学.com http://www.otogaku.com/

マナツク http://www.manatuku.com/