セミナー、講師をサポート。集客、動画制作、オウンドメディア制作、スクール運営

セミナー講師は儲かる!?成功できる講師になる方法

セミナー講師は儲かる!?成功できる講師になる方法

「セミナー講師は儲かる」なんて噂を巷で耳にしたことはありませんか?

実際は、そんな簡単なものでもないのですが、確かに2時間で¥10,000のセミナーに100人の聴衆者がいれば、2時間で100万円の売上となるわけなので、「儲かる」という表現もあながち間違いではないでしょう。

しかし、当然毎回100人を呼べるセミナー講師という存在になるためには、色々な努力が必要です。

そこで、成功できるセミナー講師、みんなに好かれるセミナー講師になり本当に儲かるセミナー講師になるための方法をご紹介いたします。

成功できるセミナー講師が実践していること

1.魅力的なパフォーマンス

セミナー講師にとって、セミナーでの評判が全てを左右します。

面白いセミナーだった場合は、また参加したいと思わせることができる他、参加者が新しいお客様を連れてきてくれることもあります。

この正の連鎖を生むために、最も効果的なのが魅力的なパフォーマンスです。

身体を使った大きなジェスチャーを取り入れることがおすすめ。

話がとてもすんなりと入ってくることで、参加者の理解度が増し、満足度の上昇につながります。

笑いや体験など、参加者の興味をそそるプログラムが採用されているのも良いですね。

2.先生という殻を捨てる

セミナー講師と参加者の気持ちがとても近いセミナーは、成功することが多いのです。

どれだけ参加者の目線に立ってセミナーが開かれているか、セミナー講師の方が気配り出来ているかがポイントになります。

自分のなんてこと無い話を織り交ぜたり、質問コーナーをたっぷり設けるなど、参加者との交流を盛んに行うことセミナーを成功させるコツといえます。

3.セミナー後もアフターフォロー

多くの参加者は、セミナーを聞いた時はとても納得して帰っていくのですが、日々の忙しさでついつい教わったことを忘れてしまいがち。

これは、参加者側の心理状態として、「結局行っても変わらないから…」という思考に陥りがちなのです。

そこで、継続的にセミナーに参加してもらうためにも、アフターフォローを大事にしましょう。

行動の背中を押してあげることで、参加者自身が「変わった」と意識することが出来、セミナーへの感謝の気持ちが多くなります。

このように満足度が上がることで、評判を生むことが出来るのです。

逆に成功できないセミナー講師がやりがちな間違いやミス

1.押し売り

セミナーで販売したい商品や、関連グッズ、サービスへの押し売りが激しい場合、参加者は引いてしまいます。

これはもしご自身が参加者側に回った場合、どう感じるかを考えてみれば当然のことですね。

2.参加者を置いてきぼりにする

参加者が理解できていない空気をしっかりと読み取れないと、参加者を置いてきぼりにしてしまいます。

これでは参加者の満足度は上がらないので、次のセミナーにつなげることが出来ません。

3.言葉を濁す

本当に大事な部分を濁すセミナー講師がたまにいます。

「後は自分達で考えましょう」と言わんばかりの表現では、参加者の満足度を上げることにはつながりません。

そればかりか、参加者との信頼を失うことにもつながり、次のセミナーの評判に大きく響いてしまうでしょう。

まとめ

セミナー講師は自分の知識や経験を数時間話すだけで、大人数から参加費用を徴収し収益を得ることが出来るので、「セミナー講師は儲かる」なんて表現が生まれています。

本当に成功できるセミナー講師は儲かる仕組みを構築できているからといえますので、皆さんも是非儲かるセミナー講師になるべく、成功できるセミナーを行いましょう。

セミナー講師の方必見!セミナー動画販売で新しい収益を作ろう

メールマガジンをお送りします

講演会、セミナーを行う講師のサポートを行う。 サイト制作、映像、音声コンテンツ制作、配信、販売。スクール、塾の企画、運営サポート。 顧客の申し込みから問い合わせ受付まで、講師の総合サポートを行っています。

オーガニックスタイル株式会社

〒167-0053 東京都杉並区西荻南2丁目24−7

tel:03-6913-6949 / Fax:03-6913-7166

音学.com http://www.otogaku.com/

マナツク http://www.manatuku.com/