セミナー、講師をサポート。集客、動画制作、オウンドメディア制作、スクール運営

セミナー講師の方向けのセルフブランディング方法

ビジネスにおいて、自身のブランディングは非常に大切な要素です。

自分を魅力的に見せるセルフブランディングに成功すれば、ビジネスは勝手に発展していくばかりか、自分の想像していなかったチャンスやステージをもつかむことが出来るでしょう。

 

今回は、セミナー講師の方に是非知っておいてほしいセルフブランディングのやり方についてご説明いたします。

セルフブランディングとは

まずはじめに、セルフブランディングとはどういう意味なのかをご紹介いたします。

セルフブランディングとは、既に世間に周知された人間(例えば芸能人など)ではなく、肩書の全くない人が自分のブランドを確立させ、ビジネスの成果へつなげるマーケティング手法のことです。

 

セルフブランディングという言葉が広く使われだした原因は、ソーシャルネットワークサービス(いわゆるSNS)の普及が強い影響といえるでしょう。

 

これまでは、芸能人など一部の限られた人間だけが、テレビや本というメディアを通して不特定多数の人に周知されるという現状でした。

 

しかしTwitterやfacebook、youtube、最近ではinstagramなど、数億人というユーザーに支持されるソーシャルメディアが発展したことで、個人の方が自分を表現し不特定多数の人に見られるという場が増えました。

 

セルフブランディングの成功は、多数の方に自身を売り込みファンを獲得することです。

では、どのようにセルフブランディングすれば成功できるのでしょうか?

セルフブランディングの方法

セルフブランディングに大事なポイント

セルフブランディングにおいて絶対に間違えてはいけないのは、独りよがりがブランディングをしないことです。

 

何も理解せずにブランディングしたところで、ユーザーからの反応は「痛い」「うざい」「気持ち悪い」といったマイナスイメージばかりがついてしまい、セルフブランディングは失敗してしまいます。

 

セルフブランディングを成功させるためには、まずしっかりと「自分」について徹底的に洗い出すことから始めましょう。

自分の強みを理解する

何かを売り込む・セールスするときには、必ず強みを説明するはずですね。

例えば、ダイソンの掃除機は、「吸引力が変わらないただ一つの掃除機」がセールス文句です。

 

吸引力が変わらないというのが、掃除機にとってはどういう強みであり、それを享受するユーザーにどういったメリットがあるのかを説明してあげれば、ユーザーは自然と「すごい!」「欲しい!」となるわけです。

 

セルブランディングも全く同じロジックです。

 

自身の強みをしっかり把握し、自分のセールス文句を考えてみると良いでしょう。

 

あなたはセミナー講師としてどのような強みがあり、そのセミナーを受ける人にどのようなメリットがあるのかを表現しましょう。

 

これが出来たら次のステップへ移ります。

 なりたい自分を想像する

自分の強みを理解せずになりたい自分を想像し、セルフブランディングしてしまうと、やはり失敗へとつながってしまいますので、まだ自分の強みが発見出来ていない人は、一度なりたい自分は置いておいて、肩書きや功績を全て脱ぎ捨てて、自分に何が残るのか、ゆっくり考えてみましょう。

 

さて、自分の強みが見えた方は、次に「なりたい自分」を考えてみましょう。

セルフプロデュースという概念で、なりたい自分を想像しセルフブランディングすることで、自然とセルフプロデュース出来ていきます。

 

例えば、GENKINGという芸能人は、「芸能人になりたい」「ブランド品に身を固めたい」というなりたい自分のために、借金をしてまでセルフブランディングしていたそうです。

 

そのおかげで本当に芸能人となり、借金も返済し、今や高級ブランドに身を包み、セレブな生活を満喫されておられます。

 

このように、セルフブランディングにおいて「なりたい自分」を想像しておくことは、セルフブランディングの成功=なりたい自分の実現へと繋がるためとても重要ですし、楽しい作業です。

自分に一番あったメディア媒体を選ぶ

セルフブランディングの準備が整ったら、自分にあったメディア媒体を選択しましょう。

 

テレビに出ることはなかなか敷居が高く選択できるものではありません。

 

そこで、セルフブランディングに最適なのが、SNSやYoutube、ブログなどになるのですが、それぞれの媒体にはそれぞれの特徴があります。

 

あなたが考えたあなたの強みを最大限活かせるメディア媒体を選ぶことで、パーソナルブランディングがしやすくなるでしょう。

 

先程たまたまGENKINGさんを例題にあげたので、そのままGENKINGさんの話を例にすると、GENKINGさんは「美しい顔立ち」「ファッションセンス」が自身の強みであった為に、インスタを選択し、おしゃれな写真を投稿することで話題性を作りました。

 

もちろん、facebookでセルフブランディングに成功された方も数多くいますし、twitterを選択される方もいます。

 

海外に向けたビジネスの場合は、海外で流行っているSNSを選ぶべきでしょう。

 

あなたの「自身の強み」「なりたい自分」「ビジネスの市場」を考慮し、最良のメディアを選択することが、セルフブランディング成功のコツといえます。

 

まとめ

セルフブランディングは、これから起業する方やセミナーを始める方など、集客(マーケティング)が必須となるうえでかなり効果的な手法です。

 

自身のブランディングに成功させて、ビジネスを超えてプライベートまで正の循環へと成果をつなねげていきましょう。

セミナー講師の方必見!セミナー動画販売で新しい収益を作ろう

メールマガジンをお送りします

講演会、セミナーを行う講師のサポートを行う。 サイト制作、映像、音声コンテンツ制作、配信、販売。スクール、塾の企画、運営サポート。 顧客の申し込みから問い合わせ受付まで、講師の総合サポートを行っています。

オーガニックスタイル株式会社

〒167-0053 東京都杉並区西荻南2丁目24−7

tel:03-6913-6949 / Fax:03-6913-7166

音学.com http://www.otogaku.com/

マナツク http://www.manatuku.com/